小陰唇縮小とは?どんな手術?

小陰唇は形や色で個人差が大きく、人知れずコンプレックスを抱える女性は多くいらっしゃいます。小陰唇縮小手術とは、そんな小陰唇を理想のデザインに整えるための女性器形成手術を指します。デリケートな部分の問題ですが、小陰唇縮小手術を受けたことで、パートナーとの関係が良好になったり、自分に自信が持てるようになった女性がたくさんいらっしゃいます。また最近は、介護が必要になった時に備えて手術を受けられる中高年女性が増えているようです。
 

小陰唇縮小手術の名医がいるクリニック

小陰唇縮小手術を受けるには、婦人科形成や美容外科があるクリニックを受診することになります。ドクターのクオリティによって、デザインや術後の経過も大きく変わってくるので、当然腕の良い医師がいるクリニックを選びたいものですが、デリケートな問題なので、できれば女医さんや女性スタッフに担当してほしいですよね?そこで、全国にある小陰唇縮小術(女性器形成)に秀でた婦人科の中でも、女医さんが施術してくれるクリニックをピックアップしてみました。

小陰唇縮小術で評判のクリニック一覧

  • なおえビューティークリニック

    なおえビューティークリニック公式HPキャプチャ

    引用元:なおえビューティークリニック公式HP
    (http://www.naoe-clinic.net/)

    診療科目

    女性器診療/美容診療

    所在地

    東京

    その他の特徴

    院長の喜田直江医師は、産婦人科・形成外科・美容外科にてさまざまな症例を経験している婦人科形成の名医。女性スタッフのみが在籍する女性専門のクリニックで、遠方から来訪される患者さんも多い。

  • 東京イセアクリニック

    東京イセアクリニック公式HPキャプチャ

    引用元:東京イセアクリニック公式HP
    (http://www.tokyoisea.com/)

    診療科目

    美容外科/美容皮膚科

    所在地

    渋谷・銀座・新潟

    その他の特徴

    三苫葉子医師は、顔の整形だけでなく女性器形成も評判の名医。イセアクリニックでは、医師兼技術指導医も務められており、最先端の治療技術の導入にも取り組む。

  • 聖心美容クリニック

    聖心美容クリニック公式HPキャプチャ

    引用元:聖心美容クリニック公式HP
    (http://www.biyougeka.com/)

    診療科目

    形成外科/美容外科/美容皮膚科

    所在地

    札幌・東京・大宮・横浜・熱海・名古屋・大阪・広島・福岡

    その他の特徴

    全国に展開しているが、女性医師による診療が受けられるのは、佐々木直美医師のいる東京院・横浜院、もしくは小林美幸医師が院長を務める熱海院。

  • 湘南美容外科クリニック

    湘南美容外科クリニック公式HPキャプチャ

    引用元:湘南美容外科クリニック公式HP
    (http://www.s-b-c.net/)

    診療科目

    美容外科/美容皮膚科/美容歯科

    所在地

    全国47院

    その他の特徴

    医師数が多いので、問い合わせ時に女医を希望する必要あり。仙台院院長の村岡史子医師は、女性器形成の経験が豊富で、都内の医院で施術を行われることも多い人気ドクター。

  • リッツ美容外科

    診療科目

    美容外科/美容整形

    所在地

    東京・名古屋・大阪・高松

    その他の特徴

    カウンセリングまでは女性スタッフが対応してくれるが、手術は男性医師の担当になる。経験豊富なドクターが多く、信頼は厚い。

  • 銀座みゆき通り美容外科

    診療科目

    美容外科/美容整形

    所在地

    銀座・大阪

    その他の特徴

    銀座本院には北村珠希先生、大阪院には華山博美先生が在籍。最新のレーザー機器を用いた施術など、無痛治療への取り組みを行っている。

  • 高須クリニック

    診療科目

    美容外科/美容整形

    所在地

    東京・横浜・名古屋(2院)・大阪

    その他の特徴

    愛知県・名古屋院の高須英津子先生の他、2名の女性医師が在院。女性器形成では、デザインの実現力で評価が高い。

  • ガーデンクリニック

    診療科目

    美容外科/美容整形

    所在地

    東京(2院)・横浜・名古屋・大阪・福岡

    その他の特徴

    所属する唯一の女性ドクターである清水三嘉医師は、総合診療の経験もあり、美容外科以外の実績も豊富。

  • 城本クリニック

    診療科目

    美容外科/美容整形

    所在地

    全国に27院

    その他の特徴

    女性器形成に関しては、津田沼院の金田藤香医師が有名。クリニックによっては、カウンセリングが女性スタッフで、手術は男性医師という場合も。

  • ヴェリテクリニック

    診療科目

    美容外科/美容整形

    所在地

    銀座・名古屋・大阪・福岡

    その他の特徴

    形成外科として多数のクリニックで実績を積まれた大橋菜都子医師が、大阪院に在院。美容整形のイメージが強いが、女性器形成も評判高い。

施術経験者が語る口コミ&体験談

  • 手術成功者の
    ビフォーアフター

    「手術前までは、下着が擦れることで強い痛みを感じたり、恋人ができても変に思われないか常に不安で、性格まで消極的になってしまっていました。思い切って小陰唇縮小手術を受けてみたのですが、思ったより手術時間も早く終わり…」

  • 要注意!
    手術失敗の体験談

    「費用の安さを優先し、とあるクリニックで手術を受けたのですが、術後1ヶ月経っても傷跡が残ったまま。形は理想に近くなったのですが、縫合部分に違和感があり、全然なじみません。手術前にクリニックの口コミを見ておけば…」

小陰唇縮小手術の
流れを症例別に解説

ひと口に小陰唇縮小と言っても、目的や理想のデザインによって施術の流れは変わってきます。ここでは、4つのお悩み別に小陰唇形成の方法を解説していきます。

全体的に小さくする

case1

左右両方の小陰唇が肥大すると、擦れて痛みを感じたり、日常生活に支障をきたす恐れもあります。他人との比較ができないので気づきにくい症状ですが、デリケートゾーンに慢性的な痛みを感じる方は要注意です。

左右の差を整える

case2

小陰唇は、人によって5mm~2cm程度、左右の大きさに差が生じることがあります。自分で比較できるので気づきやすい症状ですが、そのぶん他人も気づきやすいので、左右の大きさを調整する形成手術が必要です。

大陰唇とのバランスをとる

case3

日本人は成長とともに小陰唇がたるんでいく体質と言われており、年を経るにつれて大陰唇から小陰唇がはみ出してしまうのは仕方がありません。しかし、あまりに見た目が気になるようなら、縮小手術を検討してください。

加齢によるたるみ修正

case4

加齢によって皮膚の張りがなくなったり、筋肉が弛緩していくので、女性器も全体的にたるんでいってしまいます。小陰唇縮小手術だけでなく、大陰唇治療や黒ずみ除去などを併用することで、理想の色と形を取り戻すことができます。

免責事項:このサイトは、編集部が調べた情報を独自に構成しまとめたものです。
掲載している情報はサイト作成時のものですので、詳細を知りたい方は必ず各クリニックの公式HPもご参照ください。