小陰唇縮小の経験者が語る!口コミ&体験談

必見口コミ!小陰唇縮小手術を受けるきっかけ

小陰唇はデリケートな部分だけに、その悩みを相談する人がなかなかいません。また、人と比べる事ができない部分ですから、自分の小陰唇の大きさや形が一般的なものであるかどうかも調べようがないでしょう。

誰にも言えずに一人で悩んでしまう事が多いだけに、精神的なストレスも相当なもの。小陰唇の悩みは、やはり専門の医療機関に相談するのが一番なのです。

小陰唇の形やサイズをきれいに整えるために小陰唇縮小手術が行われますが、デリケートな部分ですから相当な覚悟が必要となります。

実際に手術を受けた方は、どういった事がきっかけで手術を受ける事にしたのでしょうか?

10代・学生

思春期の頃から小陰唇が下着などに擦れて痛くて仕方がありませんでした。今後の事も考えて手術を受けました。

20代・会社員

学生の時に付き合った彼氏に、小陰唇が黒い事で「遊んでいる」と決め付けられました。結局別れましたが、それ以降恋愛するのが怖くなり、手術を受ける事にしました。

20代・学生

小陰唇が大きく感じられ、それが自分でも気になるほどで恋愛ができませんでした。コンプレックスになっているので、それを克服する為に手術を決意しました。

30代・会社員

特に痛みはなかったのですが小陰唇の大きさが気になり、性交渉の時に恥ずかしく積極的になれなかったので、手術できれいな形にしてもおうと思いました。

50代・主婦

若い頃から小陰唇が大きいのがコンプレックスになっていました。和式のトイレでは尿が変な方向に飛んでしまい汚す事が多く困っていました。誰かに世話をしてもらうようになった時、相手に不快な思いをさせたくないと思い、手術を決心しました。

幅広い年齢層が手術を決意

小陰唇縮小手術は、10代~50代とさまざまな年齢で受けられています。その理由も、精神的な理由だけでなく、肉体的なダメージによるものなどさまざまです。

ただ、医師によっては「小陰唇の大きさや形は個々によって違いますし、病気ではないので大丈夫」と言って、悩みの本質を理解しないまま、ただ医学的な見解でしか見てくれない場合もあります。

病気かどうかで心配している方はそれでいいと思いますが、そうではなく、害はないけど形や大きさが気になるといった方は、そうした悩みに答えてくれる医師を探すようにしましょう。