色が黒く見える…

小陰唇が黒いと感じる理由

小陰唇の悩みの一つともなっている黒ずみ。

小陰唇が黒くなってしまうのは、ある程度は仕方がない事ではあるものの、放っておくとどんどん濃くなってしまい、見た目的にも汚くなってしまうのでよくありません。

場所が場所ですし、あまり人に見せるところではないので気にする必要はないかもしれませんが、恋愛や結婚生活においては恋人やパートナーに見られる場所でもあります。

「汚いな…」なんて思われるのは大変ショックですから、やはり気になる場所となるのです。

どうして小陰唇は黒くなってしまうのかと言うと、この部位はとてもデリケートでメラニンがたまりやすい部分。ちょっとした事でも黒くなりやすいのです。

小陰唇は成長ホルモンの影響を受けやすいので、子どもの頃はピンク色のきれいな色をしていたのが、思春期や成長期頃からうっすらと黒くなってきた…という人がほとんど。

この時期は成長ホルモンが大量に放出され、それによってメラニン生成が促され、特にためこみやすい小陰唇に蓄積し黒くなるのです。

また、デリケートな部分であるだけに、下着による擦れが原因で黒ずみが進行していくことも。特に小陰唇が大きくなってしまっている、左右の大きさが違う人などは擦れて痛みがあり、黒くなりやすくなります。

これは、小陰唇に肌着が強く当たることで傷つき、ダメージから回復させる為にメラニンを放出させるのが理由。結果、黒くなるのです。

さらに、加齢による肌のターンオーバーも関わってきます。年齢を重ねるごとにお肌の再生能力は低下します。

つまり、肌の角質の生まれ変わりが遅くなる…いわゆるターンオーバーの周期が乱れるようになり、肌にメラニンが残ったままになるのです。

そうなると、古い残ったメラニンに新しく残ったメラニンが上塗りされていくようになり、どんどん黒く濃くなっていくのです。

黒くなった小陰唇をきれいな色にするには?

ずっと小陰唇のケアをしてこなかった人のほとんどが、30歳を過ぎる頃には黒くなっています。

小陰唇の黒ずみを手っ取り早くとるには、小陰唇手術で黒くなってしまった部分をカットしてしまうのが一番です。

また、時間はかかりますが塗り薬などでケアしていく方法もあります。どういった方法で黒ずみをとるのかは、専門の医療機関に相談するのが最も安全で確実です。