パートナーに指摘された…

小陰唇が黒いのは経験数が多いから?

女性器である小陰唇は、子どもの頃はきれいなピンク色をしていても、思春期から成長期にかけて黒くなってきます。

それにはさまざまな理由がありますが、ほとんどの女性において起こることであり、さしておかしなことではありません。

ただ、この小陰唇が年齢と共に黒くなるといった事実を知らない方が多く、黒ずんでいる事を深刻に受け止めてしまっている方が多くいます。

特に男性の中にはひどい誤解をしている事が多く、「黒いのは男性との経験数が多いから」といった、とんでもない話が信じられているのです。女性からしてみれば、ひどい話ですよね。

小陰唇などの性器の色合いは、遺伝子的要素や年齢、妊娠、出産などにより変わります。

もちろん、性経験が多くなれば性器が摩擦する事で色素沈着が進行し黒ずみも強くなるかもしれませんが、それも定かではないのです。

小陰唇の黒ずみを解消するには?

パートナーイメージ

大事な人に勘違いされるのは誰でも嫌なもの。もしも指摘された場合は、きちんとしたした理由を伝えるといいかもしれません。

ホルモンの影響を受けやすいこと、下着などが擦れる事で黒くなってしまう事、加齢により黒くなっていく事、そしてほとんどの女性が黒くなってしまっている事をはっきりと伝えられるといいですね。

今はネットでも簡単に検索することができるので、それでも信じてもらえない時は、ネットに書かれている記事を見せると手っ取り早いですよ。

小陰唇が黒ずみやすい事は、男性にも理解してもらいたいものですが、頭でわかっていてもやはり見た目的に…と、どうしても気になるという場合は、専門のクリニックを受診するのが良いでしょう。小陰唇縮小手術で黒くなってしまった部分をきれいにすることもできますし、大きさや広さによっては塗り薬で対処できるかもしれないのです。

小陰唇が黒いことで悩み、小陰唇縮小手術をする人は少なくありません。

手術できれいになって、恋愛に自信が持てるようになった…なんて人も大勢いますから、まずはクリニックに相談してみましょう。適切な解決策をアドバイスしてくれます。